安全野菜の産地からあなたへ情報発信

竹内 宗之・朱紀・孝和・敏子

たけうち むねゆき・あけのり・たかかず・としこ

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
(24 投票, 平均/最大: 4.29 / 5)
Loading...
(星を選択することで評価できます。皆様の口コミ評価をお待ちしています!)

http://youtu.be/9dtVXqZffJE

 

takeuchi-muneyuki-2[1]
現在はピーマンの出荷最盛期です。

takeuchi-takakazu-2[1]
竹内家の家族

 孝和さんと敏子さんは、房総食料センターが法人化される前からかかわってきました。今、農業を継いでいる宗之くんがまだ1歳位の頃です。まだ子どもたちが寝ている早朝、収穫をしたり、子どもたちを連れて、生協までトラックを走らせ、荷を運んだりしたこともあったそうです。今では、いい思い出。
  いつも夫婦二人で仕事ができ、時にはセンターのみんなと行事に参加したり、消費者の皆さんと交流したり、そんな事ができたことは本当によかったと、うれしそうに敏子さんは話してくれました。
  産直をしていて大変だったことは、どんなに悪天候でも収穫をしなければならないことです。また、契約栽培なので、天候により不作になってしまったときや大きく収穫時期が予定よりずれてしまった時は、大変です。
  以前、敏子さんが話してくれたことがあります。「辛いことがあっても、畑で西の空が黄金に輝いて、夕日の落ちていく光景を見たときは本当に癒されたよね。顔にあたる風も気持ちよく感じられ、農家だからこそ、そんなことが味わえるのかな?」と。いつもニコニコしていて、農家のおかあちゃんというより、とても素敵な奥様という感じの敏子さんですが、その時は、農家の嫁として力強く生きてきたのだなと、とても印象深く感じられました。

 趣味:青年部で活躍の宗之さんは、サッカーの鹿島アントラーズのファン。観戦にも出かけていくことも。孝和さんはゴルフ。敏子さんはガーデニング 。

takeuti-takakazu[1] 6月中旬くらいから、とうもろこしの収穫が始まります。朝、まだ暗いうちから収穫が始まります。生産者にとって大変な時期ですが、心をこめて育てたとうもろこしを、できるだけおいしく食べてもらえるように、早朝収穫をし、素早く予冷し、冷蔵で出荷します。
  とうもろこしが収穫できましたら、とうもろこしの料理もご紹介したいと思っています。おやつにも、とうもろこしをどうぞ!

(2011年7月掲載)

地域

山武郡 横芝光町

生産品

とうもろこし・ピーマン・なす・ダイコン・カブ・ターサイ

 

湯浅 時孝 の更新情報

ユーザー登録完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Copyright © 農事組合法人 房総食料センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.