安全野菜の産地からあなたへ情報発信

塚本 志郎・久枝

192

つかもと しろう・ひさえ

%PHP_RATING%
(星を選択することで評価できます。皆様の口コミ評価をお待ちしています!)

塚本 志郎・久枝

 セロリを栽培して15年以上。以前は、生産者も4家族ほどいましたが、今では、2家族だけになってしまいました。有機肥料を使用、できるだけ農薬を控えての栽培のため、やはり見た目をきれいに仕上げるのに大変苦労しています。セロリは、毎年6月に種をまきます。そして、7月芽が出て2~3cm位になったら、大き目の浅い箱に移植します。8月のお盆の頃に、畑に定植(植えかえ)します。そして、セロリが大きくなるのには、水分管理が重要。立冬も過ぎ、寒くなってきた頃、いよいよ収穫です。柔らかく、香りの良いセロリを、どうぞお召し上がり下さい。 息子さん夫婦も一緒に農業をしているので、時には、2人で、近くの友達と旅行にいくのが楽しみと。

塚本 志郎・久枝

良いセロリを作るには、脇芽をかくことが大事なんだけど、 寒い時期なので、これが大変なんだよね。

(2005年11月掲載)

地域

富里市

生産品

秋~冬:セロリ・白菜・トマト
春~夏:おかひじき・かぼちゃ

 

%PHP_RELATEDPAGE%

%PHP_COMMENT%

2020年6月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Copyright © 農事組合法人 房総食料センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.