安全野菜の産地からあなたへ情報発信

川島 光治

かわしま みつじ

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星
(3 投票, 平均/最大: 2.67 / 5)
Loading...

(星を選択することで評価できます。皆様の口コミ評価をお待ちしています!)

kawashima-mitsuji-1[1]

 写真はブロッコリーの畑にて。房総食料センターにブロッコリーは出荷するのは今年が初めてで、先輩農家から品種や栽培方法を聞きながらがんばっています。
 家では米を中心に農業をやってきましたが、以前は会社に勤めていました。農業を始めたきっかけをきくと「おばあちゃんの介護が必要になって。父一人で農業をしている姿を見て、俺もやらなきゃと思って。
川島光治さんより
  私は農業をはじめてから三年目で、房総食料センターには今年からお世話になることになった、いわば新米の生産者です。
 房総食料センターのテーマ「安全・安心・顔の見える野菜作り」に沿った野菜作りを目指し、ブロッコリーの栽培を8月中旬の播種から取り組みました。経験が浅い分、他の生産者より成長過程で天候の影響をうけ、被害をこうむりましたが、その中でも逞しく育ってくれたブロッコリーがもうじき収穫の時期を向かえようとしています。これからの出荷が楽しみです。

kawashima-mitsuji-2[1]

 風でブロッコリーが倒されないように畑の周りにネットを張っています。
「台風18号がきて、株をもっていかれたところもあって、あわててネットを張ったんだ。」 と川島さん。 12月中旬からの出荷が楽しみです。

(2009年12月掲載)

地域

横芝光町

生産品

ブロッコリー・そらまめ

kawashima-mitsuji-3[1]kawashima-mitsuji-4[1]

 来年の春出荷するそらまめを見せていただきました。「去年は定植後にカラスの被害にあって、抜かれてしまった。今年は順調です。苗作りで失敗するとずっと調子がよくないので、そこをクリアできるようになりたいね。」

最後に「まだ始めたばかりで、今は覚えることが大切。まだまだ農業だけで食べていけるかわからないけど、少しずつ農業に面白みが出てきた。まずはいいものを作れるようになりたいです。」と頼もしく話してくれました

(2009年12月掲載)

川島 光治 の更新情報

ユーザー登録完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Copyright © 農事組合法人 房総食料センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.